【広島で唯一】ランニング・ウォーキングのパーソナルレッスン

Arionランニングクラブ

24時間・365日、
無料相談受付中!
お問い合わせはこちらから

広島県広島市中区東白島21-13 第一鈴川ビル2F

090-8095-1204

ランニング

〜お客様のストーリー②〜50代スーパー初心者から3年足らずでフルマラソン完走!

1月 21, 2022

Arionのお客様ストーリーシリーズ。

第1弾は、自称文系運動音痴女子が故障を乗り越えて、ロングトレイル入賞を果たしたストーリーをご紹介しました。

 ↓↓

〜お客様のストーリー〜故障を乗り越えて、ロングトレイル(66キロ)女性の部2位入賞!!

第2弾の今回は、

中根 久栄さん(60歳)

(2021.12 奈良マラソン)

学生時代は、ゆるゆるテニス部。社会人になってからは、運動習慣なし。

50代後半になって運動不足解消のために軽い気持ちで、期間限定のランニング講座に参加。

当初は、500mもまともに走れないレベル。

その後、Arionの教室に定期的に参加。

約半年で5キロレース完走。約1年半でハーフマラソン完走。

フルマラソンに向けてパーソナルサポートを受ける。

ランニングを始めて約3年弱でフルマラソン(2021ナゴヤウィメンズ)完走!!

その後もパーソナルを継続し、苦手な上り坂も見違えるように洗練されていく。

その9ヵ月後のアップダウンのキツイ奈良マラソンを自己ベスト更新して完走(4時間54分)!!



①いつからランニングを始められましたか?そのきっかけは何でしたか?

3年半ほど前に、「楽に5キロを走ってみよう!」という期間限定のランニング講座の募集をたまたま目にしたのがきっかけです。
ちょうど運動不足を解消したくて何か始めたいと思っていたところだったので、タイミングが良かったですね。

②ランニングの良さはどんなところだと思いますか?

いつでもどこでもマイペースで走れるところです。
ランニング仲間と一緒に目的地を決めてそこまで走って行ったり、シューズを持参して旅先で色々なところを巡ったりしています。
走っていると、季節の花や素敵なお店など小さな発見が沢山あり、楽しみが増え世界が広がりました。

③なぜArionのレッスンを受けようと思いましたか?

ランニング講座を受けて、有村先生から走る楽しさを教えていただきました。

ご指導を受けながらランニングを続けていきたいと思い、講座終了後にアリオンに入会しました。
少しずつ走れる距離が延びて、10キロ、ハーフの大会に出場しました。

次はフルマラソンに挑戦しようと思った時に、しっかり準備して不安なく大会に臨みたいと思いパーソナルレッスンを受けました。

④Arionの良さはどんなところですか?

それぞれのレベルや目標に応じてご指導いただけるところです。
対面でのレッスンに加えて、自宅でできるトレーニングメニューを組んでいただいたり、栄養指導など、フルマラソン完走に向けてトータルでサポートしていただきました。
イベントでは、沢山の素敵なメンバーさんに出会えます。

みんなの力を借りて頑張れたり、情報交換をしたり楽しみながら参加しています。

⑤Arionのレッスンを受けてどんな変化があり、どんな結果を得られましたか?

下半身の筋力や体幹を強くすることができて、一定のペースで長く走れるようになりました。

また、苦手な坂道も以前に比べるとずいぶん楽に走れるようになりました。
その結果、フルマラソンでは、目標として設定していたタイムでゴールすることができました。

⑥今後の夢、目標をきかせてください。

各地のいろんな大会に出場すること。いつか海外の大会にも出場してみたいと夢を膨らませています。
いつまでも若々しくランニングライフを楽しみたいです。

以上

初めて中根さんとお会いした時は、ほんとに正真正銘の「ザ初心者」という感じで、期間限定教室の参加者の中でも、

後方から「ついていくことがやっと」レベルの方でした。

それでも、とにかく「ひたむきに頑張って走る姿」はとても印象的で、今でも鮮明に覚えています。

その姿勢は走力がついた今も変わることなく、一つ一つの課題と向き合って、私のアドバイスを「素直に」受け入れて、

走ることだけでなく、身体を作ることも「ひたむき」に取り組まれています。

メンタルも安定(成熟)していて、ランニングを始められてからは休む期間はほとんどなく、一定ペースで継続して取り組まれています。

中根さんとのやりとりでは、「え〜どうしよう〜」とか不安気な言葉は口にされることはありますが、

最終的には「やってみます!頑張ります!」という言葉で締めくくられます。

今振り返ってみると「やる気が…」「時間が…」言い訳っぽい、ネガティブな言葉は聞いたことはない気がします。

とても優しい雰囲気をお持ちですが、芯の部分はしっかりされているなと感じています。

こうやってコツコツと着実に積み重ねられる方は、例え歩みはゆっくりでも着実に成果を出されていきます。

これまでに大きな故障がないのも偶然ではないと思いますね。

ランニングを始める時に「私にはまだ早い…」「私には無理…」スタート地点を気にされたり、自分で壁を作ってしまっている方も多いですが、

街で颯爽と走っているように見えるランナーでも、みんな最初からそんな風に走れていたわけではありません。

例えスタート地点で体力的に劣っていても、なりたい自分をイメージして、そこに向かって取り組み続ければ変わらないわけがないんです。

最初の頃は、「走るのは辛いばかり」と思うことは多いかもしれませんが、

続けているうちに「やればできる」「私でも変われる」そう実感できるようになります。

「成果を感じるまでとにかく続けてみる」ここは一つの分岐点だと思いますね。

そこに価値を持つかどうかは、個々の人生観によって違ってきますが、

私自身は、「辛い先の景色」を見に行くことに面白さを感じるし、

そこを乗り越えてきている方々は、自己肯定感や「葛藤する人の気持ちがわかる」人間性を育まれていると感じます。

中根さんを始めアリオンのメンバーさんが、他人に優しいのは、そこに理由があるように思います。

今後も中根さんがランニングを通して、楽しく豊かに人生を歩まれるようにサポートしていきたいと思います。

-ランニング

© Arionランニングクラブ , All Rights Reserved.